施設案内 体験 アクセス お問い合わせ
文字の大きさ S M L
技術体験
 
トップ  >  体験行事  >  技術体験  >  草木染め

技術体験−体験行事

 

   

 ■ 草木染め

 


平安時代の色を生み出した染料と助料に注目し、自然から得られる材料での染色で絹のハンカチ・コースターを染めましょう!

 

○藍の生葉で染めましょう

 藍畑から葉を摘み取るところから体験していただきます。藍の生葉染めができるのは夏だけです。夏休みの思い出にオリジナルのハンカチを作ってみませんか?
今回の染料となる「藍」は・・・
タデ科の一年草で、茎の高さは70cm前後まで成長し、9月頃に穂状の小花をつけます。花は紅色のものがほとんどですが、白い花をつけるものもあります。原産は、インドシナ南部と言われ、日本には飛鳥時代にその栽培方法と染色方法とともに、中国からもたらされました。また、薬としても用いられ、葉や実を漢方薬として、生葉の汁は毒虫の刺傷や膿毒に外用したといわれています。

参加費 600円〜3,500円 (染布によって異なります)
対象 お問い合わせページ記載どおり
開催期間

 2017年8月19日(土) 10:00〜12:00

定員 20名
予約
受付開始日  2017年7月1日9:30〜

 

○茜で染めてみよう

茜は赤い染料の色相を持つことから 「あかね」 と名づけられました。古くから染料の代表とされる草木のひとつです。

茜は、山野に自生する多年草のつる草で、花は小型の黄白色、会赤は8月〜10月です。染料として使われるのは根の部分で、根は赤褐色をしており、数年経った肥大根を秋に堀とり、水洗い後に日干しにしたものを使用します。

 

参加費 600円〜3,500円 (染布によって異なります)
対象 お問い合わせページ記載どおり
開催期間

 2017年11月18日(土) 13:30〜15:30

定員 20名
予約
受付開始日  2017年9月1日9:30〜

ご予約方法ページへ

 

プリンタ用画面

このページの上部へ 

前のページへ