古代の食体験−体験行事

 

  

 ■ 亥の子餅(いのこもち)づくり

 


亥の子餅(いのこもち)

 かつて古代の人々は、10月の最初の亥の日に 1年の無病息災を願い、亥の子餅を食べる風習がありました。いったいどんな味だったのでしょうか?
いつきのみや歴史体験館では、『二中暦』を参考に亥の子餅づくりに挑戦していただきます。歴史深い、古代のお菓子を食してみませんか?

 


 

参加費 500円
対象 お問い合わせページ記載どおり
開催期間 今年度の開催予定はありません
定員 30名
予約


 

 
 
 
 
ご予約方法ページへ