第11回 追儺のまつり
新しい年に願いをこめて・・・
 「追儺(ついな)」とは、平安時代の年中行事として宮中で行われていた大晦日の夜の行事です。王朝人たちは目に見えぬ「鬼」を追い払い、新しい年に幸多からんことを願いました。
  新しい年に願いを託し、ぜひいつきのみや歴史体験館の「追儺のまつり」にお越し下さい。
開催日 平成21年12月23日(祝・水
時間 13時〜15時 【雨天決行】
場所 いつきのみや歴史体験館 館内と体験館周辺
参加費 無料
講演会と
追儺のまつり
日程
13:00〜講演会
◆演題 『追儺と大歳(おおとし)とサンタクロース』
 年の瀬にやってくる神様の迎え方とその歴史についてお話していただきます。
◆講師 榎村寛之氏(斎宮歴史博物館学芸普及課長 文学博士)
◆場所 いつきのみや歴史体験館 館内
13:30〜追儺のまつりとけじめの弓矢
 古代の儺の祭りでは、宮中で貴族たちが桃の木の弓で葦の矢を射て、見えない鬼を追い出す、という儀礼がありました。体験館ではこの大晦日の夜の行事だった「追儺」を再現します。陰陽師が「鬼」を追い払う祭文を読み、方相氏が楯と矛を打ち鳴らしながらしんしを従い、参加者の皆さんと体験館を練り歩きます。弓の弦が鳴る音は、悪いものを追い出す力がある、と考えられていました。そこで、この追儺のまつりでも、"けじめの弓矢"として簡単な弓矢で鬼の的に向けて弓矢を射て頂きます。行く年にけじめをつけて、新しい年を迎えたい方、いっしょに弓の弦を鳴らしてみませんか。
◆場所 野外学習場と斎宮ロマン広場 
15:00終了
参加者には
丸餅をプレゼント!
講演会と追儺のまつりに参加していただいた方に「紅白の丸餅」をプレゼントします。
(先着150名)※12:30より講演会の資料とともにお餅の引換券をお配りいたします。
なお、引換えは追儺のまつり終了後とさせていただきます。
さいくう市 12:00〜
ぜんざいや玉こんにゃくなど、あたたかいメニューや、新鮮な旬の野菜など地元の特産品の販売もありますので、どうぞお越しください。
◆場所 国史跡斎宮跡休憩所「いつき茶屋」(体験館駐車場内)
3役決定
しました!
追儺のまつりには欠かせない3役を募集しました。ご応募いただきまして、ありがとうございました。
11日の公開抽選で決定いたしましたのでお知らせいたします。

陰陽師役 渡辺 正人さん
方相氏役 土性 則之さん
しんし役  辻  崚雅さん
       辻  皓雄さん
       本多 巧 さん
問い合わせ いつきのみや歴史体験館
〒515−0321 三重県多気郡明和町斎宮3046−25
TEL 0596−52−3890
年末年始
休館のお知らせ
平成21年12月28日から平成22年1月4日まで休館します。