いつきのみや十五夜観月会
 去る10月6日、中秋の名月の日に観月会が開催されました。
今年で6回目を迎えた観月会は、毎年多くの方に来ていただき、
雅楽の演奏や舞、歌など楽しんでいただきました。
屋外の演目は中止となりましたが、午後からは雨もあがり、美しい月が望めました。
ろうそくの灯りで浮かび上がった寝殿造りの建物。とても幻想的です。
厳かな雰囲気の中、
斎王と侍女がススキや秋の収穫物を
お月様にお供えしました。
祭壇に並んだ月見団子、古代米、
秋の収穫物です。
平成18年度龍笛講座生による越殿楽の演奏です。
笙や篳篥、そして龍笛の音色が寝殿造りの
建物の中に響き渡りました。
秋草ルナさんの観月の舞です。
十二単を身にまとったルナさんの舞の美しさに
ため息がもれました。
昨年、「愛・地球博」に出演された
美鈴の会の方による扇舞。
静かでゆるやかな美しい舞です。
正義流斎王教室のみなさんによる「斎王物語」。
在原業平と恬子内親王の恋の物語を4部構成で
披露していただきました。