第5回 いつきのみや十五夜観月会
平成17年9月18日(日)
月を愛でる最も象徴的な行事が、仲秋の名月を眺め宴を開く観月会
です。平安の観月会は、満月のもとで管弦の遊びをするなど、
まさにエンターテイメントと呼べるものでした。
いつきのみや歴史体験館では、この観月会の雰囲気を再現します。
平安の月見の宴をしのぶ、十五夜観月会にどうぞお越しください。
 時間 
午後6時から8時
開場 午後5時30分から
 
開演 午後6時から
 第一部   
観月の儀
「越天楽」(龍笛講座生による演奏) 
雅楽の夕べ
「秋草瑠七さん観月の舞」
「今様」
「斎王物語」
 第二部
斎王舞
秋草瑠七さん「月の舞」とお話 
 月見菓子
月見菓子券(五穀茶付)
前売り150枚 価格300円
(いつきのみや歴史体験館内受付にて販売しています)
※当日販売も若干あります。
 その他 
 雨天決行(雨天の場合は、プログラムを一部変更する場合があります)


 一般観覧者の撮影は禁止とさせていただきます。
 お問い合わせ 
  いつきのみや歴史体験館
〒515−0321
三重県多気郡明和町斎宮3046番地25 
TEL(0596)52−3890
入館・見学 無料
 場所 いつきのみや歴史体験館
特別出演 秋草瑠七(るな)さん

 
 古澤侑月として古澤流名取りとなり、独自の舞“月の舞”を発表。
2001年より米国アリゾナ州セドナ市に拠点を置き、日本はもとよりアメリカ・フランス・中国・インドなど世界を舞台に活躍中。
平成16年度 十五夜観月会の様子