十五夜観月会(じゅうごやかんげつかい)
古代の人々にとって「月」はどのようなものだったのでしょうか。いつきのみや歴史体験館では、いにしえの観月の宴をしのんで、十五夜観月会を開催します。古代の十五夜についてのお話しをはじめ、雅楽の夕べ(雅楽等の演奏会)などでお楽しみください。なお、観月会終了後、名月鑑賞会(お粥と里芋を試食しながら月を眺める)も用意しております。
 なお、観月会は、当日見学自由(無料)となっていますので、ぜひご来館いただき、観月の演奏や舞とともに、仲秋の名月をお楽しみください。
◆日にち◆ 平成15年9月11日(木)
<9月11日は旧暦で8月15日の十五夜、仲秋を名月にあたります>
◆時間◆ 午後6時〜
日程内容
◇十五夜観月会

17:30〜開場
18:00〜「日本人とお月見」【講師】斎宮歴史博物館学芸員
18:30〜19:30雅楽の夕べ(雅楽等の演奏会)

◇名月鑑賞会
19:30〜20:10 名月を眺めながらお粥と里芋を試食していただきます
◆参加費◆ 見学無料
名月鑑賞会(お粥と里芋の試食会≪無料≫先着100名様に限らせていただきます
名月鑑賞会の参加券は午後5時30分より配布します
◆場所◆ いつきのみや歴史体験館
◆お問い合わせ◆ いつきのみや歴史体験館 TEL(0596)52−3890
平成14年度の観月会の様子をご覧になりたい方はこちらをクリックして下さい
→平成14年度「観月会」