「草木染め体験」
−どんぐりで染めよう−


 
今回の染料となる「橡(つるばみ)」は・・・
 橡はぶな科の落葉高木で、山林に生え、通常栽培されます。高さ15メートルにもなり、葉は5〜15cmと細長く波状鋸歯(はじょうのこぎりば)があります。実のヘタは椀型で長燐片が密生しています。「つるばみ」は古名で、古くから樹皮、緑葉、堅果、実のヘタを染色として用いていました。

いつきのみや歴史体験館
TEL(0596)52−3890
FAX(0596)52−7089
草木染め体験
−どんぐりのヘタを材料に
秋の色を染めましょう−
◆日にち/平成21年11月3日(
      午後1時〜3時30分
◆定員/20名
◆参加費/600円

(コースター、絹ハンカチ、スカーフなど)

「橡」採取風景
橡で染めた絹ハンカチ、スカーフ

| HOME |