「草木染め体験」
−藍の生葉染め−


 
 
 藍の生葉を使って絹のハンカチやコースターを染めましょう!
この体験は、藍畑から葉を摘み取るところから体験していただきます。
 藍の生葉染めができるのは夏だけです。夏休みの思い出にオリジナルのハンカチを作ってみませんか? 

今回の染料となる「藍」は・・・
 タデ科の一年草で、茎の高さは70cm前後まで成長し、9月頃に穂状の小花をつけます。花は紅色のものがほとんどですが、白い花をつけるものもあります。原産は、インドシナ南部と言われ、日本には飛鳥時代にその栽培方法と染色方法とともに、中国からもたらされました。また、薬としても用いられ、葉や実を漢方薬として、生葉の汁は毒虫の刺傷や膿毒に外用したといわれています。

いつきのみや歴史体験館
TEL(0596)52−3890
FAX(0596)52−7089

草木染め体験
−藍の生葉染め−
    
 ◆日にち/平成23年7月23日(土)
        午前10時〜12時30分
 ◆定員/20名
 ◆参加費/600円

 (コースター、ハンカチ、スカーフなど絹布)

※定員になりましたので、受付を終了しました
  ありがとうございました

 
藍の摘み取り風景。
染液にハンカチを入れ、ひたします。
空気にさらして、出来上がり!

| HOME |