当館、一番人気の十二単の試着体験。
6月1日から夏装束に衣替えです!
十二単は、正式には女房装束(にょうぼうしょうぞく)や裳唐衣と呼ばれ、宮廷に仕える女性の正装でした。
装束の色の構成は、季節やその場に応じて使い分けられていました。
光沢をもった絹の美しさ、重なり行く色と色、そして、絹の感触、あなたも体験してみませんか?





当館の十二単は『佐竹本三十六歌仙絵巻(さたけぼんさんじゅうろっかせんえまき)』(鎌倉時代)に描かれた小大君(こだいぎみ)の装束を参考にしています。


| 試着体験ご案内 |