いつきのみやの四季・夏―七夕祭―
 期間 平成23年6月25日(土)〜7月10日(日)
現代の私たちにも馴染み深い七夕を紹介しています。平安貴族にとっての七夕はどのような行事だったのでしょうか。もうひとつの夏の行事「夏越の祓(なごしのはらえ)」とともに、
その歴史を紹介しています。王朝人が星に託した願いをのぞいてみませんか。

無病息災を願って、夏越の祓の行事
「茅の輪(ちのわ)くぐり」
(こちらの体験は6/25〜6/30です)

冷泉家(れいぜいけ)の
乞巧奠(きっこうでん)を祭壇「星の座」を
参考にした模型です。

吹流しの大きな七夕飾り!

梶の葉をかたどった短冊に願い事を
書きましょう。


梶の木は夏の蹴鞠にも
重要な役割を果たしています。




七夕を詠んだ和歌を紹介しています。
平安貴族たちは七夕にも
和歌を贈りあったのでしょうか・・・