「蹴鞠会」が開催されました!
【平成14年5月5日】
 平安時代の貴族に愛された蹴鞠を古式にのって、蹴鞠保存会の皆さんに公演をしていただきました。また、子ども蹴鞠会では、蹴鞠保存会のご指導のもと、水干に身を包んだ子どもたちが蹴鞠を体験。当日は、蹴鞠クイズと蹴鞠体験をされた先着200名様に記念品のプレゼントもあり、体験館は賑わいました。そんな「蹴鞠会」の一日をご紹介します。
【12:20】来館者の皆様をお出迎え。
いらっしゃいませ。
【12:30】蹴鞠クイズ・体験のエントリー開始。
早速、問題をチェック!
蹴鞠場では、保存会の方による、地ならしが始まりました。
半円を描くように
【12:40】子ども蹴鞠会参加者の皆さん着付け風景。

烏帽子(えぼし)をつけてもらい、自然と笑みがこぼれます。
いってきま〜す
【13:15】屋外では、来館者の方がお待ちかねです。
この日の気温は27度。今年初の最高気温です・・・
【13:20】浅沓をつける保存会の方。
背中にさした扇が絵になります。
【13:30】蹴鞠会が始まりました。
鮮やかな装束は、まるで絵巻物をみるようです。
【13:50】枝毬(えだまり)。
枝毬は枝に毬をつけて祈念する儀式です。
【14:00】蹴鞠公演。
一蹴り一蹴りに歓声があがります。
【14:00】子ども蹴鞠会。
どきどき。うまくできるかな?
当日は、431名の方が来館され、
王朝文化の優雅な遊び、蹴鞠を
お楽しみいただきました。


いつきのみや歴史体験館