小倉百人一首フェスティバルinみえ


 去る平成16年10月31日(日)に、いつきのみや歴史体験館で、第36回全国競技かるた「女流選手権大会」が開催され、盛会に行われました。本大会は、百人一首競技かるたが誕生して100年の記念すべき大会として行われ、また、女流選手大会は、「名人戦・クィーン戦」「全日本選手権大会」「全日本選抜大会」とともに四大タイトル戦に位置づけられえる大会で、女流選手のみにより選手権を争います。この記念の年に、“女性の世界”斎宮があった明和町で、開催されたことは、非常に意義深く、選手の華麗な戦いを間近で観戦することができ、地元の人々も大いに楽しんでいました。8時間に及ぶ戦いの末、吉峰翼選手(6段)が優勝されました。

第36回全国競技かるた女流選手権大会
開会式の様子
競技の様子
競技の様子
優勝した吉峰 翼選手(手前)
明和町長より「斎王杯」を受け取る吉峰 翼選手






| HOME |