斎宮今昔−新暦・旧暦で体感する季節の移ろい−
王朝人の冬体感週間 
平成19年12月8日(土)〜12月24日(月・休)【見学無料】
旧暦10月から12月に行われていた平安貴族の冬の行事を紹介します。また、「追儺のまつり」で使用する供物。方相氏・しんしの衣装、子孫繁栄を願う「亥の子餅」の材料、道具の展示もあります。
体験コーナでは、追儺のまつりに登場する「方相氏」の紙のお面が作れます。
亥の子餅の材料 方相氏のお面をつくろう!
斎宮今昔−新暦・旧暦で体感する季節の移ろい−
新暦展示『お正月』 
平成20年1月1日(火)〜1月14日(祝・月)【見学無料】
お正月は現在も大切な年中行事の一つです。平安時代はどのように迎春準備をし新年を迎えたのでしょうか。いつきのみや歴史体験館で迎春・お正月を楽しみましょう。館内を凧や注連縄で飾ります。羽子板・双六・独楽・カルタも用意してますので、みなさんでお正月遊びをお楽しみください。平安時代王朝人が、新年初めての「卯の日」に贈り合った「卯槌(うづち)」の手作り体験もできます。また、1月1日から3日まで、抽選で毎日30名の方に「新春のお香」をプレゼントします。
お正月の装いで、お客様をお待ちします。 館内には、大凧や色鮮やかな凧の展示があります。
2008年の新春歌会始めのお題「火」のために作られた「お香」を、抽選でプレゼント致します。
今年最初の運試しに挑戦してください。
平安時代の年中行事にちなんだ小物を作ってお持ち帰りいただけます。正月の最初の卯の日に、宮中に献上されたり、王朝人たちが贈りあった正月の小道具「卯槌」(参加費700円)